BTS愛がとまらない!

アメリカ・シアトルに住み、10年以上にわたって

ポップミュージックの観察を続けてきたキム・ヨンデ氏の著書

「BTS THE REVIEW」を読んだ。

2014年夏、ロサンゼルスで開かれたKCON(韓流文化のフェスティバル)で

ぼぼ無名の新人グループとして参加したBTSを観た際に、

アメリカのK-POPファンの異常なほどに熱い反応を目の当たりにし、

ヨンデ氏は新時代の幕開けの「啓示」のように感じたそうだ。

 

早速、私は「KCON 2014 BTS」を検索。

YouTubeで、当時の動画を観ることができた。

もの凄い歓声の中に7人が現れると、最初に歌ったのは

「Boy in Luv 」。このタイトルだけ見れば、

ファンでないひとは英語の歌かと思われるだろうが、

99%くらい(Say what you want以外)は韓国語。

それも、恋する少年が、

「君のオッパ(兄)になりたいんだ」だの

「父さんは一体どうやって母さんに告白したのか」だの

「手紙でもかくべきなのか?」だの

とてもピュアな内容でかわいい。

曲の中盤ではJ-hopeが「カナダラマバサアハクナマタタ!」と叫ぶのだけど、

これは日本語で言えば「あかさたなはまやらわ!」

といっているようなもので思い切り楽しい。

さらに印象的なフレーズは「とっちぎちょんねえー」。

語感からは「栃木県」さえ想起してしまい、

懐かしさすら感じる。

ヨンデ氏によれば、 BTSは多くの国でファンの年齢層が厚く、

中年女性のファンもたくさんいて、なぜか異口同音に

「ノスタルジアを感じる」というそうだ。

欧米で、アジアで、インドで

各国のおばさま方が「愛おしく」思ってしまうこの現象。

BTSはもはや神になりつつあるのではと思ってしまう。

 

 

 

 

spark

東京都東村山市秋津町5-8-2 Tel.042-306-3201