広告・デザインだってエッセンシャル

新型コロナウイルスの感染が拡大するとともに、色々な新語が生まれた。

世の中に必要不可欠な仕事をする方々を

「エッセンシャルワーカー」というのもその一つ。

緊急事態中のとあるテレビの討論会で経済思想家・斎藤幸平氏が

エッセンシャルワークをもっと評価すべきという主張の中で、

「いらない仕事」として何度も「広告・デザイン」を

やり玉にあげたのが気にかかった。

 

「ソーシャルディスタンス」をとろうと分かりやすく表示するのも

デザインのチカラ、感染予防を呼びかけるのも広告のチカラ。

楽して金儲けをしてるように思っている方もいるようだが、

多くのデザイナーさんたちは良心価格で仕事をうけ、

長時間労働の結果として、

シンプルかつ美しいデザインを生み出している。

 

「エッセンシャルワーカー」が評価されるべきなのはもっともなことだが、

だからといって、他の職業を貶めるのはいかがなものか。

末井昭氏のようにパチンコに救われる人もいれば、

夜の世界でしか生きようのない方々もいるだろう。

みんなちがってみんなエッセンシャルなんじゃないか!

とつぶやいてみる今日この頃である。