あなたが普段何気なく見ている広告

【ビジネス書 紹介】

あなたが普段何気なく見ている広告。

しかし、その表現の裏側には、
すべて理由があります。

広告の細部にわたって、
ある「秘密」が隠されているのです。

その「秘密」とは、
消費者にその広告を目に留めてもらい、
そして商品を購入してもらう、
つまり行動してもらうための人間心理です。

売れている広告には
必ず人間心理に基づく技術が使われています。

そして、その人間心理に基づいて
あらゆる表現がなされているのです。

もしあなたが、そのような
人間の行動心理をマスターして、
消費者が行動せざるをえない
売れる広告を作りたいと思っているなら、、、

きっと、この本
「現代広告の心理技術101」が
とても役に立つでしょう。

現代広告の心理技術101 (著者:ドルー・エリック・ホイットマン)

 

 

売上が伸びない時に読む本

【ビジネス書 紹介】

今、あなたに死の危険が迫っています。

残された猶予はあと1時間。

この1時間で助かる方法を
考え出さなければなりません。

さて、どうしますか?




かの有名な物理学者
アインシュタインはこう答えました。

「私なら最初の55分は
適切な質問を探すのに費やすだろう。
重要なことは質問するのを止めないことだ」

そう。
問題を解決するのに必要なのは、
ただ、適切な質問をするだけです。

あなたは日々たくさんの問題や
トラブルに遭遇していることでしょう…。

例えば、、、

・ここ最近売上が伸びずに行き詰まっている…
・本当に今コレをやっていていいんだろうか?と迷いがある…
・新しい方法を試しているけど、効果がでているかわからない…

しかし、この問題。

全て、正しい質問を投げかけることで、
解決することができるといったら、、、
どうしますか?

本書「売上が伸びない時に読む本」では
あなたのビジネスの伸び悩みを打破するための
その魔法の質問を公開しています。

本書の著者
シェーン・アッチソンとジェイソン・バービーは、
20年以上もの経験をもつデジタル戦略のエキスパート。

マイクロソフト、P&G、コカコーラといった
世界トップグラスの影響力をもつ
ブランド企業に”結果重視”のデジタル戦略を指導しています。

さらに、本書は、Amazoneでも5スター中4.9スターと
非常に高い評価を得ています。

もし売上が伸び悩んでいたり、
今、迷いや不安があるなら、
本書は最高のガイドになってくれるでしょう。

売上が伸びないときに読む本 (著者:シェーン・アッチソン、ジェイソン・バービー)

[無料]初期投資がいらないビジネス

【ビジネス書 紹介】

あなたは、、、

・今やっているビジネスの将来に
不安を感じたことがありませんか?

・初期投資すらほとんどいらず、
新しい収入源をスグに作れたら良いなと
思ったことはありませんか?

・しかもそれが、在庫もいらず
時間と場所にも縛られない
ビジネスだととしたら?

もしあなたがこんなビジネスを
スタートさせたいなら
この本はあなたのためのものです。

今なら発売記念で
送料・手数料のみでゲットできます。

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/Jm0Qdu6Q/

著者である、エベン・ペーガンは
コンテンツビジネスで合計10のブランドを作り
100億以上の売上を上げた、世界的権威の起業家です。

この本では、彼がどのようにして
大ヒットする商品を発見したのか、
100億を超えるオンラインビジネスに
成長させたかを図解で解説しています。

他にもこの本で得られる内容の一部は…

・失敗知らずのニッチ市場を見極め
商品を作るための「ニッチ・テスト」を公開!

・見込み客の頭の中に忍び込んで
売れるセールスレターを作る
7ステップフォーミュラ

・毎月、あなたに収益をもたらしてくれる
「定期購読商品」の簡単な作り方と2つのポイント

・放っておいても売れる”デジタル商品”を
短時間でゼロから作成する3つのステップ

・商品の発売を大成功させるローンチの秘密

・などなど…

今なら発売記念として
無料(送料・手数料のみ負担)で
手に入れることができます。

なので、少しでも興味がある方は
この無料企画が終わる前に
今すぐここからゲットしてください。

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法(著者:エベン・ペーガン)

成功者の時間管理術

【ビジネス書 紹介】

毎日、朝早くに会社に行き、
夜遅くまで残って仕事をする。

好きで始めた仕事なのに、
毎日が憂鬱になってしまう。

「忙しい」
「時間がない」
「辛い」
というのが口癖になって
しまっている、、、

そのような状況を
打破しようと、
タイムマネジメントの本を
読んでも状況は
全く変わらない、、、

そんなあなたに、
今月の新刊はオススメです。

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/TxNEzJ66/

成功者は、どのように
時間や仕事を
管理しているのでしょうか?

成功者は、普通の人よりも
多くの仕事をこなしています。

家族との時間が十分にあり、
運動や勉強などの自己投資の
時間も取れているのにも
関わらずです。

もちろんですが、
成功している人だけ、
1日30時間あるわけでは
ありません。

同じ24時間で、
どうしてこんなにも違いが
生まれるのでしょうか?

それは、成功者は仕事管理を
するときに、
普通の人とは全く違う
軸があるのです。

その軸について、
今月の新刊
「時間投資思考」で語られてるので
紹介させていただきます。

======================

最も成功している人たちは、
自分の時間をどのように過ごして
いるのだろう?

この人たちは、
普通の人たちと何が違うのだろうか?

そういう人たちに対する、
数十人に対するインタビュー、
数百人に対するコーチング、
数千人に対する調査を通じて、
確信した事実がある。

多くの人は、
自分の仕事を選ぶ時に、
「緊急性」と「重要性」しか
見ていない。

しかし、
成功者は皆、もう一つの
仕事を選ぶ軸がある。

それは、
その仕事が
「今後価値を生み出すか?」
である。

つまり、
あなたが仕事を選ぶ時に、
それが今後どのような価値を
生み出すのか?
を考えるのだ。

====================

この軸があるのとないのとでは、
あなたは今日何をするのかが
変わってきます。

「今」何が重要か?
だけでなく、
「今後」何が重要になってくるか?
ということです。

それを考えることで、
あなたは成功者と同じ
仕事管理、
そして、時間管理ができるのです。

 

時間投資思考 (著者:ロリー・バーデン)

↓これわかる?バカ売れ広告の共通

【ビジネス書 紹介】

1,ゴミ箱型ダイレクト-メール

2.「アレ」に似せた封筒で送ったセールのお知らせ

これは、バカ売れした2つの広告事例です。

さて、この2つの広告には
ある共通点が隠れされています。

それは何でしょうか?












その答えは、
このページの中で公開しています。

この共通点を取り入れたある紳士服店の経営者は
わずか2年間で53%以上もの売上アップに成功…

今では、業界の常識ではありえないほどの
爆発的な売上を生むキャンペーンを
1年に何度も成功させています。

バカ売れ広告に隠れたある共通点とは?

ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集 (著者:ビル・グレイザー)

不自由な暮らしにウンザリ?

【ビジネス書 紹介】

そこには、奇妙で不公平な世界があります。

あるところでは、
1年中働きぱなしで
今にもおかしくなってしまいそうな人がいます。

上司やクライアントの
決められたルールの上で働き、
1日のほとんどを拘束されます。

ストレスもかかり、仕事はキツイ。

それでいて収入はわずかです。

今後も収入が増えるかどうかわかりません。
(将来会社がどうなるかもわかりません)

一方で全く違った生き方をしている人もいます。

彼らは自分自身のルールで生きています。

彼らは誰からも拘束されることなく、
働きたいように働いています。

働きたい時に、働きたい場所で働いています。
そして、働きたい人たちと一緒に働いています。
それに高い収入を得ています。

それだけではありません。

彼らは旅行に行ったり、
家族と過ごしたり、
趣味や人生を楽しむための時間も
たっぷり持っています。

さて自由を手にしている人は
何が違うのでしょうか?

そうです。秘密はあります。

そしてその秘密をあなたに伝えるために、
私は今日、これを書いているのです。

それは、不動産投資や株式投資などの投資の話ではありません。
それは、コンサルティングやコピーライティングではありません。
それは、不労所得を得る方法ではありません。

その秘密とは何でしょうか?
あなたに自由をもたらすビジネスとは何でしょうか?

それは、、、

 

リスト・ビジネスの教科書 (著者:メアリエレン・トリビー)

起業したい人 ※注目※

【ビジネス書 紹介】

守るべき生活がある
収入がなくなるとまずい
失敗して恥ずかしい思いをしたくない

など、サラリーマンの起業は「リスク」を感じるもの。

一度きりの人生なんだから、
思い切ってやってしまえばいいんじゃないか!

とは、理屈では思うものの、、、

実際、それに踏み切ろうとしたら「臆病」になってしまう…

もしあなたがこのような状況なら、
このページを見てください。。。

臆病者のための、
「科学的」起業法です。

臆病者のための科学的起業法 (著者:マイケル・マスターソン)

出会って10分で「好かれる」方法

【ビジネス書 紹介】

思い浮かべてください…

あなたは今、経営者が集まる交流会にいます。
人数は100人ほど。

セミナーが終わった後の懇親会。
立食形式のパーティーです。

主催者の乾杯の挨拶が終わり、
みな、近くにいる人達と名刺交換を始めます。

そう。
「人脈作り」のためです。

みな、自分のビジネスにつなげようと、、、
つまり「その人を通じてお金を稼ごう」と、
自分を印象づけるのに必死です。

あなたのところにも、
保険の営業マンらしき人物が名刺交換に来ました。

その人物の肩越し、向こう側には、
あなたが「狙っている」会社の社長がいます。

その会社と取引を始めることができたら。。。
あなたの会社は今年、大きな売上を伸ばせそうです。

ですがその人の周りにはすでに4~5人の人が集まっています。
みな、その社長と「コネ」を作りたいのでしょうか、、、

さて、、、

どうすれば、あなたはこの場を、
有効に過ごすことができますか?

その方法を知っていますか??

実はこのような交流会の場で、

初対面の人と(もちろん、相手がどんな相手でも)出会って10分で、
その人から好印象を持たれる方法があります。

それは、ほかの参加者が絶対にやらない方法です。
それは、あなたに「コミュニケーションスキル」を必要としません。
それは、ほとんど「練習」も要りませんし、
そもそもあなたがたくさん話す必要もありません。

その方法とは何なのか?
その日、無数に名刺交換をしたたくさんの人の中から、
あなたのことを「特別だ」と思ってもらう、、、人脈構築の最強の方法です。
※詳しくは、50ページを開いてください…

マル秘・人脈活用術 (著者:ボブ・バーグ)

一流の時間の使い方

【ビジネス書 紹介】

努力して仕事で成果を出して、
より効率的に仕事が
できるようになっても、

周囲から期待されて
それ以上の仕事を任されるようになる…

その結果、
働けば働くほど、
労働時間は減るどころか
むしろ以前より長時間働いている…

これは、優秀な人ほど
よく陥ってしまう問題です。

一方で、
ごく一部の一流の人たちは
決して「忙しい」なんて口にせず
仕事もプライベートも
十分なくらい自由な時間を手に入れている。

でも、
両者の違いは、
あることを知っているかどうか
だけなんです。

そのあることとは、、、

ROIです。

ご存知のとおり
ROIとは、
「投資したお金に対する
リターンの割合」のことですが、

実は、
お金と時間には
共通の性質があります。

そう。
お金も時間も、
「消費する」か「投資する」か、
2通りの使いみちがあるんです。

お金を投資した場合、
そのリターンは
良くて1年で約10%程度ですよね。

では、
時間を投資したリターンは
1年でどれくらいになるかご存知ですか?

15%でしょうか?

それとも20%?

答えは、
控えめに言って、733%です。

例えば、
あなたが毎日5分やっている仕事を
150分かけて他の人に教えたとします。

すると、
あなたは1年で1250分もの時間を
得られることになります。
(しかも、常識的に考えて
5分でできる仕事を150分もかけて
教えるなんてことはありません)

言われてみれば
当たり前のような話なんですが、
時間を「投資」することで
お金を投資するよりも
圧倒的なリターンが得られるんです。

一流の人たちは
時間を「投資」して
自分の時間を増やす方法を
熟知しています。

つまり、
時間の「消費者」ではなく
時間の「投資家」として、

自分の時間を増やすために
何をすればいいかということを
知っているがために

普通の人よりも
遥かに多くの自由な時間を
手にすることができているんですね。

新刊『時間投資思考』では、
あなたの自由な時間を倍増させる
5つのステップを公開しています。

もしあなたが、
働いても働いても
時間が足りない状況を
抜け出したいなら、、、

時間の「消費者」ではなく、
自由な時間を手に入れるために
時間を投資してみようと思うなら、、、

是非、この本をチェックしてみてください

時間投資思考 (著者:ロリー・バーデン)

面白いコンテンツが作れない

【ビジネス書 紹介】

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。

それが、、、

”面白いコンテンツが作れない”

ということ。

事実、ある米国の調査によると、
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

では、、、
お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

その答えは、、、

コンテンツ・マーケティング64の法則 (著者:アン・ハンドリー)