冬日和 紅賑わう 椅(いいぎり)の木

一昨日、多磨全生園を散策。

南天のように赤い実が葡萄の房の形になって

幾百もぶら下がり、雲一つない冬空を彩っていた。

何の木だろうと思っていると、通りがかりのおじさまが

「これはいいぎりだよ。とってもまずいから口にしない方がいいよ」

と教えてくれた。木のたもとに目を移すと

「貞明皇后お手植え  昭和15年5月 椅(いいぎり)」とある。

後で調べたら、飯桐というのが正式の名前だそうで

昔はこの木の葉でご飯を包んだからなのだそう。

春になったらどんな花が咲くのか、また見にこようと思う。

椅の木のたもと

 

 

 

イケバス運行開始!

11月から運行するとのイケバス。

見かけるのは訓練車ばかりで、

停留所には覆いがかかったままだったが、

昨日その覆いがはずされ、いよいよ本格運行がはじまった。

東池袋のバス停によれば06分、26分、46分と

20分に1本の割合で運行されている模様。

時間のある日にのんびり乗ってみたいなあ。

 

バス停の時刻表側

 

 

運行前はこんなふうに覆われていました。
7台のうち1台は黄色です。

カツベン!試写会11/18

仕事帰り、有楽町の読売ホールへ。

地下鉄の駅から読売ホールのある「ビックカメラ1F」へあがると

既に階段には7階へとつづく試写会行列が!

大正浪漫風の銀幕から活動弁士のストーリーが始まった。

映画の中なかに旧い映画があり、

その旧い映画も細かく作り込んでいるという芸の細かさにまず感服。

そして主演の成田凌のみならず、

それぞれの役者の魅力がイキイキとひきだされていて観ていてとても楽しい。

高良健吾の気取った弁士とか、竹野内豊のかわいい刑事とか、

徳井優の現金な三味線引きとか、人間くさい感じがとてもいい。

上映後、たまたま学生時代の友人夫妻に遭遇して、

一緒にご飯を食べることができたのもいい思い出になった。

 

オレンジセオリーフィットネス浦和オープン!

本日オレンジセオリーフィットネス浦和店が

浦和区仲町1丁目にオープンする。

昨夜はそのオープニングパーティに招かれて

スタッフ2名で参加してきた。

会場には小さなお子さん連れのママさん達も多く

明るく和やかな雰囲気。

会食中にお話したママさんはご夫婦で入会したのだとか。

「アメリカっぽくてかっこいい」ジムにひかれたそう。

ロワー(ボート漕ぎを再現したようなマシン)や

トレッドミルのデモンストレーション等があり、

コーチ陣の紹介もありました。

元プロボクサーという細マッチョのKEITAさんや

アイスホッケーチームの指導もしているHalunaさんなど

個性的な面々で、ヤル気に火をつけてくれそう。

浦和のみなさんにきっと愛されるスタジオになることでしょう。

 

イケバス、訓練中!

11月から池袋界隈を走行すると噂のイケバスが

昨日、早くも走っている!と思ったら

バスの後ろに「訓練車」の文字が!

屋根の上にフクロウが乗っていたり

ライトの周りにまつげ(実はIKEBUSの文字)がはえていたり、

見ればみるほどカワイイ!

早く乗ってみたいけど、きっと、人気殺到で

なかなか乗れないんだろうな。

イケバスの後ろに「訓練車」のシール

 

イケバスに胸キュン!

事務所の近くを歩いていたら、

トラックにのってる「イケバス」に遭遇!

イケバスは今年11月から池袋界隈を運行すると噂の電気バス。

もうこれ以上「かわいい」バスはないのではと思える完璧な色、カタチ。

最高時速が19㎞というのも、いじらしくて、ほのぼのします。

空調設備がなくて、暑さの厳しい7月〜9月は走らないというのも

古風でいとおしいじゃありませんか。

今日出逢えて、なんだか幸せな気持ちになりました。

 

 

 

遠藤ミチロウ音楽葬“死霊の盆踊り”

昨夜は、渋谷のクラブクアトロでミチロウの音楽葬に参列!

80年代は千葉や立川のライブハウスから、横国の学祭まで

ミチロウのいるところならどこへでもの勢いだったのだけど、

近頃はとんとご無沙汰してしまっていた。

音楽葬では舞台横の大型モニターで年次ごとの活動も紹介された。

近年は「ワルシャワの幻想」を音頭でうたったり、

日本各地に足を運んで、奥の深いメッセージを発信していたようだ。

松尾鉱山音頭で踊る人々の旧い映像が流れたので、

なんのことかと思ったらミチロウさんのお父様が作詞されたのだとか。

音楽葬では民謡界の大御所から反社会的な方々まで

ミチロウに近しいアーティストが熱いパフォーマンスで

彼の死を弔ってくれた。

ミチロウ!アーティストの皆さん!そしてミチロウファンの皆さん、

思い出に残る夜をありがとう。

音楽葬入り口に貼られた、懐かしのフライヤー

 

 

 

 

台風19号接近中!

史上最強といわれる台風が近づいているので早めに帰宅の途に。

夕飯の食材にプラスしてカップ麺(棚にわずかに残っていた)をカゴに入れ

「こんな時はパンを多めに買っておこうか」などとパン売り場に行くと

棚はすでに空っぽでした。4時前だというのに!

「水道が止まるかもしれないから、割り箸も買っとこうか」という声も聴こえてきて

みなさん今度の台風には慎重に備えているようです。

帰宅後はベランダの物干し竿をはずして、床に横たえました。

我が家のモノが飛んで人様に迷惑をかけないよう、

せめてもの災害対策。

史上最大の被害が起こらないことを祈ります。

店内ベーカリーの売り場もガラガラ

 

 

 

台風15号の爪あとを嘆きつつ……

6月のブログ「街角アート」で取り上げたお店「カクルル」の
ツタにおおわれていた外壁が、
最近、毛を刈り取られたひつじのように寂しくなったのを目にした。
もしかしたら閉店では、と思ったほどに……

台風15号でツタがはがれたKAKULULU

台風であれだけ繁茂していたツタがはがれてしまったのだという。

今日は初めてお店に入り、ブラジル風シチュー「ムケッカ」を頂いた。

ココナッツの風味がおいしいムケッカ

閉店でなくってほんとに良かった。

ツタが復活する日が待ち遠しい。

店内にはモビールのフクロウが飛んでます
階段の小窓もいい雰囲気

梟や仮装まといて秋となる

今週に入って東池袋アウルタワー地下のフクロウたちが、

傘子地蔵のようにハローウィンの衣裳を纏い始めた。

なかなか涼しくならなくて、

肌感覚ではまだ夏のようだけど

すっかり秋になったのだとフクロウを見て感じる

10月の始まりです。