寛大な世間に乾杯!

広告印刷物の制作において数字やスペルのミスは、「刷り直し」にもつながり、

利益を上げるどころか、痛い損失になってしまう。

サッポロの「開拓使麦酒仕立て」というラガービールが

パッケージに「LAGER」とすべきところを誤って

「LAGAR」と印刷してしまい、

廃棄寸前だったところを、SNSの「もったいない」という声に助けられ、

無事販売できる運びとなったというニュースが飛び込んできた。

弊社でも「CALENDAR」とすべきところ が「CALENDER 」となっているのを

入稿直前まで気づかず、ひやっとしたことがあるが

このビールの担当者たちはさぞかし、肝を冷やしたことだろう。

フードロスにもならず本当に良かったと思う。

SNSのプラスのチカラを感じた出来事だ。

 

昨年、緊急事態宣言が出た時に

アウトドアレジャー(バーベキューかなにか)を楽しむイラストを載せた

市報(埼玉県のどこかの)が急遽、刷り直しになってしまったことがあった。

「こんなご時世にレジャーのイラストを載せるなんてけしからん」という

苦情が来るのを予想しての対処だったと思うが、

もうちょっと世間様がやさしくなれば、

刷り直しという無駄な経費や、資源を使うことがなかったのにと思う。

SNSで何かを発信するなら、誹謗中傷でなく、心優しい意見を!

世の中を明るくしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

spark

東京都東村山市秋津町5-8-2 Tel.042-306-3201