「スパイの妻」を観る

ヴェネチア映画祭で銀獅子賞に輝いた黒沢清監督の

「スパイの妻」を観た。

戦争の足音が近づく神戸、裕福な貿易商福原(高橋一生)と

その妻聡子(蒼井優)のミステリアスなストーリー。

高橋一生が着こなす背広や蒼井優のワンピース、

ステンドグラスのある邸宅や昭和の街並、

戦争へと向かう時代の不安感が漂う中での

この時代ならではの美しい映像がスクリーンにひろがる。

寄生獣感漂う東出昌大の演技もいい。

真実は最後まで不明、想像するしかないのだが、

「スパイの妻」と決め込んだ聡子の行動力に圧倒される。

映画が始める前、場外から「鬼滅の刃」待ちキッズの声が

かまびすしかったが、ひととき、

夢のようなタイムトリップができた。

 

spark

東京都東村山市秋津町5-8-2 Tel.042-306-3201