ジェームスサンタがやってきた

今日はクリスマスイブ、

ポストを開けると何やらパウチされた本が入っているではありませんか。

御社社長宛との文字が‥

表紙には

国内で初日に100万部突破!!!

「史上最強のCEO」の赤文字がデカデカと。

新手の新興宗教?投資詐欺?怪しいぞと思ってネットで調べてみると、

来年の元旦には、この本の出版にちなんで新宿紀伊国屋でイベントもやるのだとか。

津嶋栄さんという出版プロデューサーが仕掛けているらしい。

もしかしたら、ちゃんとした本なのかもしれないが、

本を無料で配りまくったら、赤字になっちゃうんじゃないのと、素朴な疑問。

 

巻末にはジェームズ氏のHPヘと誘うQRコードが数個仕掛けられていた。

HPには「最強会」「起業塾」「ビリオネア塾」があり、

各々の参加費用は55万、55万、500万という、結構なお値段。

出版の販促というよりは、そちらの方が目的のプレゼントだったのねと納得したのでありました。

 

もっと早く知っていれば、俺の人生違ったのに

【ビジネス書 紹介】

「人生を愛する者よ。時間を浪費してはならない。
人生は、時間でできているのだから。」

・・・と、ベンジャミン・フランクリンは言いました。

あなたが今、どんな人生を歩んでいるのかは、
あなたが今までに、どのように時間を使ってきたか、で決まります。

それと同じように、あなたの将来の人生は、
あなたがこれから、どのように時間を使うか、で決まります。

もしあなたが、

・もっと多くを達成して収入を増やしたい・・・
・朝から忙しく、気づけば1日が終わっている・・・
・やりたい仕事がなかなかできない・・・
・生産性を高め、労働時間を減らしたい・・・
・遊びや趣味や家族との時間を確保しつつ、仕事もばっちりやりたい!

・・・と思うなら、このページで紹介されている、

「1日を40時間に増やす 億万長者の時間の使い方」

を読んでみるのがオススメです。

この億万長者の名は、ダン・ケネディ。

ダイレクトレスポンス業界では知らない人はいない、
指導者的な存在です。

彼は、、、

・朝から晩までびっしり詰まった仕事のスケジュールをこなしながら、
・月に4種類のニュースレター/年に数冊の本を書き、
・クライアントのため/自分のビジネスのために大量のセールスレターや広告を作り、
・アメリカ中を飛び回って講演活動を行い、
・年間150回以上もプロの騎手として競馬レースに参加し、
・コンサルティングやコーチングを行い、
・1ヶ月に本を10冊から12冊、業界紙やニュースレターを50種類以上読んでいる、

という、時間の使い方のスペシャリストでもあります。

そんな彼の、”時間の使い方のテクニック”が「本」になりました。

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/9YoATOCW/

屁理屈無し 社長のための時間の使い方 (著者:ダン・ケネディ)

 

 

↓これわかる?バカ売れ広告の共通

【ビジネス書 紹介】

1,ゴミ箱型ダイレクト-メール

2.「アレ」に似せた封筒で送ったセールのお知らせ

これは、バカ売れした2つの広告事例です。

さて、この2つの広告には
ある共通点が隠れされています。

それは何でしょうか?






その答えは、
このページの中で公開しています。

この共通点を取り入れたある紳士服店の経営者は
わずか2年間で53%以上もの売上アップに成功…

今では、業界の常識ではありえないほどの
爆発的な売上を生むキャンペーンを
1年に何度も成功させています。

バカ売れ広告に隠れたある共通点とは?

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/N7aGkp9q/

ビックリするほどよく売れる 超・ぶっとび広告集 (著者:ビル・グレイザー)