胴吹き桜、空へ。

市内にあるハンセン病療養施設「多磨全生園」には

桜の古木がたくさんあり、毎春見事な花を咲かせる。

東京に開花宣言が発表されたので、

ふらりとウォーキング花見をしてみた。

古い幹には苔がむしていたり、

草のようなものが垂れ下がっていたり、

樹皮が大地のよう。

幹から直接咲いている桜もあって、

古い木の幹と、初々しい桜の花のコントラストが趣き深い。

このように幹から咲く桜を「胴吹き桜」というのだとか。

胴吹き桜が幹を登って、

空を目指しているかのような古木を見つけました。