究極の集客法

【ビジネス書 紹介】

もし、あなたが

・インターネットからの集客が伸び悩んでいる。
・ブログやメルマガを始めたいが何を書けばいいか分からない。
・最近、顧客に飽きられてきているのを感じる。
・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。

といったことに悩んだことがあるなら

この本
「お客が集まるオンラインコンテンツの作り方」
が非常にオススメです。

お客が集まる オンライン・コンテンツの作り方 (著者:アン・ハンドリー/C・C・チャップマン)

実のところ、ひと昔前は
インターネットで商品を売るのは
比較的簡単なことでした。

ホームページに商品を並べておけば
お客さんが自分から買いに来てくれて
放っておいても注文が入っていたのです。

ところが、今はもうそんな時代ではありません。
インターネットが儲かると知ったライバルが
次々に参入し、競争は激化の一途を辿っています。

広告費はどんどん高騰しているのに
売上がなかなか上がらないという苦しい状況に
多くの運営者は頭を悩ませています。

しかし、そんな状況の中でも
儲かっている会社は儲かっているのです。

では、インターネットで儲かる会社と
そうでない会社の違いは何なのでしょうか?

それは「キラーコンテンツ」です。

コンテンツというのは顧客にとって
価値のある情報のことです。

例えば腰痛に悩んでいる人にとって
腰痛改善の情報というのは価値があるので
コンテンツとなるわけです。

そして、そのコンテンツの内容が
優れていればいるほど、
顧客はコンテンツ提供者を信頼して

この会社に仕事をお願いしたいと
思うようになります。

今のインターネットの世界で
顧客が売り手を選ぶ決め手となるのは
コンテンツ次第であると言っても
過言ではないのです。

「キラーコンテンツ」というのは
コンテンツの内容が優れていることはもちろん、
その内容が人から人へクチコミで
広がるような特別なコンテンツです。

キラーコンテンツはまさに
無料でお客さんをどんどんと呼び込んで
来てくれる魔法の集客装置と言えるでしょう。

では、一体どうすればそういった
コンテンツを作ることができるのでしょうか?

それは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/po6jHAGN/

お客が集まる オンライン・コンテンツの作り方 (著者:アン・ハンドリー/C・C・チャップマン)

[無料]初期投資がいらないビジネス

【ビジネス書 紹介】

あなたは、、、

・今やっているビジネスの将来に
不安を感じたことがありませんか?

・初期投資すらほとんどいらず、
新しい収入源をスグに作れたら良いなと
思ったことはありませんか?

・しかもそれが、在庫もいらず
時間と場所にも縛られない
ビジネスだととしたら?

もしあなたがこんなビジネスを
スタートさせたいなら
この本はあなたのためのものです。

今なら発売記念で
送料・手数料のみでゲットできます。

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/Jm0Qdu6Q/

著者である、エベン・ペーガンは
コンテンツビジネスで合計10のブランドを作り
100億以上の売上を上げた、世界的権威の起業家です。

この本では、彼がどのようにして
大ヒットする商品を発見したのか、
100億を超えるオンラインビジネスに
成長させたかを図解で解説しています。

他にもこの本で得られる内容の一部は…

・失敗知らずのニッチ市場を見極め
商品を作るための「ニッチ・テスト」を公開!

・見込み客の頭の中に忍び込んで
売れるセールスレターを作る
7ステップフォーミュラ

・毎月、あなたに収益をもたらしてくれる
「定期購読商品」の簡単な作り方と2つのポイント

・放っておいても売れる”デジタル商品”を
短時間でゼロから作成する3つのステップ

・商品の発売を大成功させるローンチの秘密

・などなど…

今なら発売記念として
無料(送料・手数料のみ負担)で
手に入れることができます。

なので、少しでも興味がある方は
この無料企画が終わる前に
今すぐここからゲットしてください。


http://directlink.jp/tracking/af/1495918/Jm0Qdu6Q/

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法(著者:エベン・ペーガン)

面白いコンテンツが作れない

【ビジネス書 紹介】

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。

それが、、、

”面白いコンテンツが作れない”

ということ。

事実、ある米国の調査によると、
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

では、、、
お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

その答えは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/52uBrf0t/

コンテンツ・マーケティング64の法則 (著者:アン・ハンドリー)

究極の集客法

【ビジネス書 紹介】

もし、あなたが

・インターネットからの集客が伸び悩んでいる。
・ブログやメルマガを始めたいが何を書けばいいか分からない。
・最近、顧客に飽きられてきているのを感じる。
・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。

といったことに悩んだことがあるなら

この本
「お客が集まるオンラインコンテンツの作り方」
が非常にオススメです。

実のところ、ひと昔前は
インターネットで商品を売るのは
比較的簡単なことでした。

ホームページに商品を並べておけば
お客さんが自分から買いに来てくれて
放っておいても注文が入っていたのです。

ところが、今はもうそんな時代ではありません。
インターネットが儲かると知ったライバルが
次々に参入し、競争は激化の一途を辿っています。

広告費はどんどん高騰しているのに
売上がなかなか上がらないという苦しい状況に
多くの運営者は頭を悩ませています。

しかし、そんな状況の中でも
儲かっている会社は儲かっているのです。

では、インターネットで儲かる会社と
そうでない会社の違いは何なのでしょうか?

それは「キラーコンテンツ」です。

コンテンツというのは顧客にとって
価値のある情報のことです。

例えば腰痛に悩んでいる人にとって
腰痛改善の情報というのは価値があるので
コンテンツとなるわけです。

そして、そのコンテンツの内容が
優れていればいるほど、
顧客はコンテンツ提供者を信頼して

この会社に仕事をお願いしたいと
思うようになります。

今のインターネットの世界で
顧客が売り手を選ぶ決め手となるのは
コンテンツ次第であると言っても
過言ではないのです。

「キラーコンテンツ」というのは
コンテンツの内容が優れていることはもちろん、
その内容が人から人へクチコミで
広がるような特別なコンテンツです。

キラーコンテンツはまさに
無料でお客さんをどんどんと呼び込んで
来てくれる魔法の集客装置と言えるでしょう。

では、一体どうすればそういった
コンテンツを作ることができるのでしょうか?

それは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/po6jHAGN/

お客が集まるオンライン・コンテンツの作り方 (著者:アン・ハンドリー/C・C・チャップマン)

パソコン1台でできる、理想のビジネス構築法

【書籍紹介】

・あなたは、本を書いたり、人に何かを教えてみたいと思ったことはありませんか?

・あなたの知識や経験、熱中していることを題材にしたコンテンツを作って、
ネットで発信してみたいと思ったことはありませんか?

・あなたは、オンラインビジネスを構築して、好きなときに好きな場所で
働けたらいいなと考えたことはありませんか?

そして、他の人たちが具体的にどうやって「デジタル商品」を作って、オンラインビジネスを運営しているか、知りたいと思ったことはありませんか?

デジタル商品とは、「読む」 「聞く」「見る」ことができる教材のことを指します。例えば、電子書籍、ビデオコース、オーディオコース、会員サイトなどなど。 このなかにはあなたがデジタル商品として認識したことがないものも含まれているかもしれません。

しかし、これらはデジタル商品そのものです。 人々が自分の知識や経験をもとに、これらの仕様のいずれかでデジタル化した教材のことです。簡単に言うと、デジタル商品とはある 1つの「知識」のことを指します。ですから、形式は何でもいいのです。
重要なのは、まずあなたが「デジタル商品」を作らなければオンラインビジネスをスタートさせることはできないということです。デジタル商品なしでオンラインビジネスは成立しません。シンプルなことです。

 

でも、あなたは自分に、売れるデジタル商品が作れるだろうか?と思うかもしません。しかし、重要なことは、あなたの「当たり前」は、他の人にとっては「当たり前ではない」ということです。今の時代、誰もが多種多様なニーズを持っていて、あなたはそれに自分の知識や経験、情熱で応えて、しかもそれに対してお金を払ってもらうことすらできるのです。今の時代は知識こそ大きな財産です。知識はパワーです。

この「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」の著者エベン・ペーガンは、オフィスも持たずに、スタッフも完全なバーチャルチーム(在宅)にも関わらず、ビジネスを始めてわずか10年で10のブランドを立ち上げ、総額100億円以上のコンテンツをオンラインで販売しました。

この本は、彼がデジタル商品を作りオンラインで成功したノウハウをまとめた1冊です。あなたも、エベンのように、知識や経験、情熱を「デジタル商品」にして、オンラインビジネスで理想のライフスタイルを手に入れませんか?

http://directlink.jp/tracking/af/1495918/Jm0Qdu6Q/

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法(著者:エベン・ペーガン)

私は文書を書くのが苦手です。

【ビジネス書 紹介】

あなたは、文章を書くのが得意でしょうか。

残念ながら、得意とは言えない人が多いのではないかと思う。

現代のビジネスパーソンのスキルの中で、
最も敬遠されているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないだろうか。

ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。

もしあなたがメールを利用するなら、もしあなたがツイッターやフェイスブックに参加しているなら、もしあなたが資料を作るなら、もしあなたが……。

そうなのだ。ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、そしてフェイスブックやツイッター、ユーチューブなど、すべてのコンテンツには書くことが求められている。

そういう意味では、誰もがライターなのである!

だけど、書くことに自信がないといういう人も多いだろう。
そんな“書くのが苦手”という人に朗報である。本書がすべてを解決してくれるからである。

本書は、「ライティングはアートではない、スキルである」と言い切る。

また、「基本的なスキルを身に付ければ、誰でも書けるようになる」と断言する。そして、書くための具体的な方法(64個もの法則!)を教えてくれるのだ。もちろん、具体的な事例もたっぷり紹介してくれる。

もっとうまく書くことができれば、もっと顧客や見込み客にアピールするコンテンツを作れるだろう。書く技術を諦めることは、顧客や見込み客と接する機会、説得する機会をドブに捨てているようなものです。

コンテンツ・マーケティング64の法則 (著者:アン・ハンドリー)