茨木のり子と韓国と金智英さん

BTSに導かれて「隣の国の言葉ですもの」にたどりついた。

茨木のり子については「わたしが一番きれいだったとき」や

「倚りかからず」を読んだことがあり、

社会性の高い、凛々しい詩を書く人だなぁと感じてはいたが、

韓国と縁の深い人であることは、この本で初めて知った。

著者は1984年ソウル生まれの金智英(キム・ジウン)氏。

現在、立教大学で講師をされている女性だ。

この本では、韓国と茨木のり子の関係性について語る前に

終戦後の日本の詩壇や同人誌「櫂」の状況を紹介している。

川崎洋の「ひらがな」もつ色彩感や音感への興味や

茨木のり子と金子光晴のアジアに対する意識の違いなど。

留学生として来日したキム・ジウン氏が

よくぞここまで研究したものだと頭の下がる思いだ。

 

1970年代、韓流などという言葉もなく

ハングルを学習する人がほとんどいなかった時代に、

茨木は50歳から勉強を始めた。

今日のように教材もあふれていない時代に、さぞかし苦労されたことだろう。

そして、10年余りしてハングルの翻訳を手がけ「韓国現代詩選」を刊行する。

「韓国現代詩選」は彼女が気に入った12人を選んで翻訳。

キム・ジウン氏によれば

翻訳で大胆な省略がなされていることがあるとのことで

その例が紹介されているのだが、

素人目には印象的な数回のリフレインが全てカットされていて

そのいさぎよさに驚く。

 

BTSの歌詞を楽しむためにハングル学習をはじめた私などは

茨木さんにしかられそうだが、

彼女がこの時代に生きていたら、きっとBTSを讃えていたと思う。

そして、コロナの時代にどんな詩を書くだろう。

本棚の奥に「倚りかからず」が眠っていました。