ワクチン予約、悲しき60代前半。

コロナ関連のニュースでは50代の重症患者が急増中とのこと。

東京都から50代に向けて、我が東村山市にもワクチンの追加供給があり、

本日50代限定のワクチン予約が開始され、

あっという間に定員に達したらしい。

近しい友人夫婦がなんとか予約を取れたので、

ほっとしているが、

ちょいとその前に言いたいことが!!

そもそも当初の東村山市の発表では、65歳以上の接種が終わったら、

60歳〜64歳が優先して接種されるということになっていたのだが、

7月20日に64歳以下全世代が一斉に予約開始。

その日の午前中に定員に達してしまったので、

60代前半で予約を取れた人はそう多くはなさそう。

50代のためにワクチン供給があったとはいえ、

そもそも60代前半優先であったのだから、

今回の予約にも加えて欲しかったと思う。

 

コロナ関連のニュースでも

「もう60代はワクチン接種が済んでるから大丈夫」扱いされていて、

置き去りにされている感じがしませんか?

 

 

「ゴミ拾い侍」の謎

一昨日の朝刊に「ゴミ拾い侍」のチラシが折り込まれてきた。

「北海道ゴミ拾い侍」(後藤一機氏創設)の流れを組む

ストリート・フォーマンス集団だという。

ゴミ拾いパフォーマンスを継続することで

「ゴミ拾いはカッコいい」「ポイ捨てがカッコ悪い」という

イメージが広がり、街中でゴミを拾う人が増え、

ポイ捨てする人が減っていけば、

人の心も街も綺麗になることを狙っているそうだ。

YouTubeを拝見すると、二人の侍が

路上飲み会後の上野公園あたりで

ゴミを見つけては「何奴」、

「モラルのない心を成敗」などとのたまいつつ

楽しんでいるご様子。

このような方々が増えれば、世の中明るくなりそうだ。

ところで、東村山の新聞にまでチラシを折り込んでくる

侍の企てはなんだろう?

チラシでは、「チャンネル登録お願いします」と書いてあるのみ。

侍を募集しているわけではないし?

「ゴミ拾いに来て」と声をかけてもらいたいのか?

ネット民だけでなく、新聞民までとりこもうというのか?

これからの活動に期待したい。

ゴミ拾い侍チラシの裏面

 

胴吹き桜、空へ。

市内にあるハンセン病療養施設「多磨全生園」には

桜の古木がたくさんあり、毎春見事な花を咲かせる。

東京に開花宣言が発表されたので、

ふらりとウォーキング花見をしてみた。

古い幹には苔がむしていたり、

草のようなものが垂れ下がっていたり、

樹皮が大地のよう。

幹から直接咲いている桜もあって、

古い木の幹と、初々しい桜の花のコントラストが趣き深い。

このように幹から咲く桜を「胴吹き桜」というのだとか。

胴吹き桜が幹を登って、

空を目指しているかのような古木を見つけました。

草の中のくさなれ風の女郎花 完来

自宅から事務所へ向かう途中に

よく手入れされた栗畑があって、

そのフェンス際には四季折々の花が咲いている。

今咲いているのは、秋の七草で有名なオミナエシだ。

「女郎花」と漢字で書くと、

うら寂しい感じがするが、

ここのオミナエシは実に健康的。

青空や白雲、風が似合う。

秋が少しずつ、近づいている。

竹花貴騎さんに衝撃!

一昨日ポストに入っていた市報「ひがしむらやま」には

「竹花貴騎さんから1億1円の寄付をいただきました」という

見出しがデカデカと掲載されていました。

竹花貴騎っていったい誰?と思って調べてみると

なんと我が息子と誕生日が2日しか違わない、

1992年6月4日生まれ、28歳という若さではありませんか。

竹花さんは高校卒業まで市内で暮らし、2017年に起業。

アジア6カ国で事業を展開している中で

「教育が一番の投資だ」と実感し、

市内の全小中学校生のオンライン学習環境の

整備を進められるよう寄付したのだそうだ。

 

「竹花財団」の公式HPに載っているスピーチよれば、

世界のトップ企業に勤めていて、深夜まで働く日々、

気がつけば、周りの仲間と同じく

会社の愚痴をこぼしている自分に気づき会社を辞める。

本当にやりたいことは何かと考え始める。

この時23歳で2児の父、

仕事をしていない男に世間からは冷たい目が注がれたという。

その後、友人2人とSNSマーケティングの会社を始める。

2ヶ月後の売上げは、3,000円だったが、

この3,000円が竹花さんにはとても価値のあるものだったそうだ。

 

たった5年前にこのスタートだったのに

今は故郷にこれだけの寄付をするという急成長ぶり。

このスピード感におばさんとしてはびっくり仰天である。

この寄付に市内の小中学生がいい刺激をうけますように!

「エアコン取り付け隊」がやってきた

今までのエアコンは6畳対応ほどの小パワーのものだったので、

少しパワーアップしたエアコン

「日立の白くまくん」をネットで購入(6月下旬)しました。

「とあるサイト」でエアコン取り付け業者さんと連絡をとり合い

取り付け日の連絡を待っていたのですが、

行き違いが合って取り付けがキャンセル扱いになってしまいました。

 

どの業者さんも忙しそうで、

暑い時期に付けてもらえなかったら困るなぁと思っていたら、

運良く、地元東村山の「エアコン取り付け隊」という業者さんと

連絡がとれ、スムーズに施工日が決まり、

7/6(月)に交換してもらえました。

料金も「とあるサイト」の業者さん見積もりよりぐっとリーズナブル。

 

東村山近辺で、エアコン工事を考えているみなさん!

「エアコン取り付け隊」がおすすめですよ。

http://www.aircontoritsuke.com/

 

「志村けん」は東村山のシンボル

東村山の名前を全国に広げてくれた

東村山の出身の大スター・志村けんさんの献花台は

自粛と言いつつ、誰もが感謝と親しみを込めて

山のように積まれています。

近くに「東村山音頭」を通じて

東村山市を広げた功績に対して、

市が感謝状を贈呈し、

東村山市の木である「けやき」が3本を、

昭和51年に東村山駅東口ロータリーに植樹され、

その3本のけやきを「志村けんの木」と呼び親しまれています。