新商品って、どんなプロセスで、出来上がるの?

消費者のニーズが多様化する今日、消費者の心を捉えるヒット商品を生み出すことは容易ではありません。

新商品開発のプロセスってどんな流れでしょう。



【プロセス1】アイデアの創出と抽出

最初に実施するプロセスが「アイデア創出」。

アイデアを生み出すために顧客のニーズや競合他社の商品についての情報収集を行い、

社内でブレインストーミングを実施し、アイデアを出し合います。

出されたアイデアはKJ法を用いて整理する。

KJ法とは、情報をカードに記述し、関連性のあるカードをグループ化することにより、情報の整理と分析を行う手法。

出されたアイデアの中で実現の可能性が高いもの、より市場ニーズにマッチしているものを抽出。

ブレインストーミングの際は、1つのアイデアの文字数が多くなりすぎないよう注意。

※情報を盛り込みすぎた場合、KJ法を用いてグループ化することができません。



【プロセス2】コンセプト開発

プロセス1で絞り込んだアイデアは、その製品の基本特性を端的に表した「製品コンセプト」として形にします。

どのようなお客様がどのような場面で製品を使用するかをイメージし、お客様に受け入られやすいコンセプトを作り上げましょう。

以降のプロセスをうまく進めるためには、明確な商品コンセプトを作成することが不可欠です。



【プロセス3】マーケティング戦略

「製品開発」のプロセスでは、

製品の試作品(プロトタイプ)の制作を行います。

試作品は、

「製品コンセプトが具体化されていること」、

「安全性が確保されていること」、

「定められた予算内で生産できること」の3つの条件を満たしていることが必要です。



【プロセス4】製品開発

「製品開発」のプロセスでは、

製品の試作品(プロトタイプ)の制作を行います。

試作品は、

「製品コンセプトが具体化されていること」、

「安全性が確保されていること」、

「定められた予算内で生産できること」の3つの条件を満たしていることが必要です。



【プロセス5】市場テスト

次は「市場テスト」のプロセスです。

市場テストでは、実際の市場において、

マーケティング戦略立案のプロセスで策定したマーケティング戦略の有効性について検証します。

市場テストした結果を製品開発にフィードバックしたり、

マーケティング戦略の修正に役立てたりします。



【プロセス6】商品化

新商品開発最後のプロセスが「商品化」です。

これまでのプロセスを経て開発した製品を、

「いつ」「どこで」「誰に」「どのようにして」販売するか決定します。

具体的には、

「製品を市場導入するタイミングの決定」

「製品を販売する地域の決定」

「製品のターゲット層の決定」

「製品を市場導入する際のマーケティング戦略の決定」を行うプロセスです。


おわりに

ここまで、新商品を開発する際の一般的なプロセスをご紹介しました。

「ものが売れない時代」においては、魅力ある商品開発ができるか否かが事業の成功、

ひいては企業の業績に関わります。


ここで、最近こんな商品を見つけました。

新商品ではあるけれど、

定番商品のバリエーション(変種。変化。)はどうなのでしょうか?



映画でも、書籍でも、ヒット商品の関連商品として、鉄板商品です。

まったく新しいものだと、ヒットするか?ヒットしないか?わかりませんが。

2番手商品なら、ヒット商品が気になる人(ターゲット)あらかじめ期待値としてあるので

知名度もあり、宣伝費を多くかける必要もない。勝手にPRしてくれる。というメリットもあります。
食品という、商品で見てみると

「ミニスナックゴールド」は50年続く ロングセラー商品。

一部では根強いファンがいる。(マツコデラックスさんなど)

【プロセス1】アイデアの創出と抽出

 「ミニスナックゴールド」ファンがターゲット。

 さらに「ミニスナックゴールド」の販売数を増やしたいのが目的では。


【プロセス2】コンセプト開発

 定番商品のバリエーションなので、特に必要ない。


【プロセス3】マーケティング戦略

 定番商品のバリエーションなので、特に必要ない。


【プロセス4】製品開発

 基本方針ができているので、どれだけ期待値をさらに上げるかが重要。


【プロセス5】市場テスト

 まだ、オフィシャルサイトに掲載していないので、市場テストのプロセス段階かもしれない。

 一部の地域、一部の店舗限定の可能性あり。


【プロセス6】商品化

 この商品が市場に受け入れられるとしたら、さらなるバリエーション商品開発が加速するのではないか。

 ピンク(いちご)、黄色(バナナ)、緑(メロン)など

 「ミニスナックゴールド」ファンがどのように感じているか?「ミニスナックゴールド ブラック」ファンが増えるかがポイント。

やっぱり「No.1表示」は鉄板?効果あり?

売上ナンバー1、業界ナンバー1、ランキングナンバー1、顧客満足ナンバー1、世界初、世界最小などの広告表現は、

買う人にとってどのように受け取られるでしょう?

Q.ナンバー1など、協調するフレーズの広告にあなたは普段どの程度、見聞きしますか?
・週に何回か見聞きする。36%
・月に何回か見聞きする。35.5%
(7割が認識)
・過去に何度か見聞きした。16.7%
・ほとんど見聞きしたことがない。11.8%

Q.1番であることを強調するフレーズの広告はあなたの購買にどれほど影響しますか?
・かなり影響する 5.5%
・やや影響する 37.5%
・あまり影響しない 40.4%
・全く影響しない 16.6%

Q.普段見聞きする商品やサービスはなんですか?(5つまで)
・通販 37.8%
・IT・インターネットサービス 36.2%
・ネットショップ 33.8%
・家電製品 32.3%
・化粧品 31.8%
・食品、飲料、酒 30.8%
・保険 27.0%
・美容、エステ 24.5%
・日用品 23.5%
・グルメ 16.3%
・旅行 8.1%
・不動産 5.8%
・ふるさと納税サイト 5.6%
・投資 5.3%
・消費者金融 2.7%
・その他 3.1%
・思い浮かばない 9.1%

比較対象が多い場所、商材で見聞きする場合が多い。
そのような機会がない場合、強調フレーズを見聞きする機会も極端にすくなるなる。また、強調フレーズを認識(7割)しても「購入に影響しない」(6割弱)というのも、影響力は微妙。

Q.一番であることを強調するフレーズの広告イメージ?

「好印象」

・人気がある 27.0%
・流行っている 25.1%
・期待できそう 22.2%
・宣伝がうまい 21.0%
・勢いがある 20.6%
・好印象を持ったことはない 27.7%

「悪印象」

・信ぴょう性に欠ける 41.6%
・うさんくさい 40.8%
・売り込まれているように感じる 37.5%
・押し付けがましい 31.5%
・企業の自己満足 20.6%
・悪印象を持ったことはない 15.4%

どのような範囲を対象とするかによって、No.1はいかようにも決められる、ということを消費者は理解している。

 

Q.一番気になる、強調するフレーズは?

1.ランキング1位・第1位(人気ランキング1位、売上第1位など)
・かなり気になる 14.9%
・やや気になる 42.7%
・あまり気にならない 30.7%
・まったく気にならない 11.7%

2.No.1(売上No.1、業界No.1、顧客満足度No.1など)
・かなり気になる 13.2%
・やや気になる 40.7%
・あまり気にならない 33.8%
・まったく気にならない 12.3%

3.トップ(売上トップ、業界トップ、顧客満足度トップなど)
・かなり気になる 10.1%
・やや気になる 39.6%
・あまり気にならない 38.3%
・まったく気にならない 12.0%

4.◯◯初(世界初、日本初、業界初など)
・かなり気になる 9.5%
・やや気になる 40.0%
・あまり気にならない 39.1%
・まったく気にならない 11.4%

5.最◯(最高、最速、最小など)
・かなり気になる 6.6%
・やや気になる 37.2%
・あまり気にならない 45.4%
・まったく気にならない 10.8%

単にNo.1と伝えるよりも、特定の比較対象のなかでNo.1だと明示したほうがより信ぴょう性が増す。

Q.商品やサービスが1番であるというフレーズは景品表示法による規制が存在することを知っていますか?

・知っていた 40.8%
・知らなかった 59.2%

 

Q.調査結果を元に一番をうたうケースが多いが、調査を行なった機関によって、どの程度信用しますか?

その企業自信が調べた調査結果
・とても信用できる 2.2%
・やや信用できる 26.2%
・あまり信用できない 57.2%
・まったく信用できない 14.4%

調査会社など他の機関が調べた調査結果
・とても信用できる 12.3%
・やや信用できる 59.1%
・あまり信用できない 24.4%
・まったく信用できない 4.2%

調査に客観性を持たせ、適切な形で消費者に提示することが「No.1表示」には欠かせない。

知られていないが、圧倒的な事実としてNo.1であることをうたえたら、それは1番効果的に違いない。