手作り野菜ジュースのすすめ

毎日忙しく働いている人にとって、三食全てバランスのよい食事をとるというのは不可能に近いことでもあります。外で働いていれば外出先で昼食を済まさなければならないことも多いですし、断れない夜の付き合いも多いもの。そうでなくても、夜遅くなって自炊する気力がなくてコンビニやデパ地下のお惣菜を買ってきて済ませるので手一杯、という話も良く効きますよね。しかし外食や中食には野菜が少なく、油分が多いのが普通ですから、そんな生活を続けていれば美容にも健康にもよくないことは言うまでもありません。そこで慌てて市販の野菜ジュースなどを追加購入して摂取しようとするわけですが、ちょっと待ってください。市販の野菜ジュースには、糖分や塩分が加算されているものがたくさんありますし、そうでなくても野菜ジュースは、加熱殺菌が行われていたり保存料を添加していたりして、野菜の本来持つ栄養素が半分以下に減量、その上野菜の糖質ばかりが残っているというものが大半なのです。パッケージの表記の野菜一覧を見る限り、そういったことは分かりませんが、野菜の種類をたくさん使っているからといって、野菜のもつ栄養がたっぷり含まれているというわけではないということを知っておきましょう。

市販の野菜ジュースを飲むくらいなら、手作り野菜ジュースを飲むのがおすすめ。忙しいといっても、野菜と果物を適当にちぎってミキサーにかけるだけですから、やってみると意外に簡単なことに気付くと思います。手作り野菜ジュースなら、野菜の栄養素をきちんと摂取できますし、ジューサーでなくミキサーなら食物繊維までたっぷりとれてお通じも快調に。果物や豆乳、お酢、ビタミンCの粉末をプラスしたりして自分好みにカスタマイズできるのも魅力ですよ。毎朝、もしくは毎晩飲んでいると、まずおなか周りが、次に肌が変わってきます。